知識ゼロからの空海入門

幻冬舎 (幻冬舎)      発行年月 2011年06月

幻冬舎の「知識ゼロから」シリーズの一冊。編集者の方は、仏教の知識があまり無い方で、長老は何度も打ち合わせを重ね、原稿を改訂していったようです。密教、即身成仏、真言、曼荼羅…。基本的な事柄は網羅しています。この本は、珍しくたくさん売れました。

ことばのまんだら 150選 1巻~4巻

  ノンブル社         発行年月 2011年06月

長老が50年以上にわたり、門前の掲示板にて法語を記してきました。よく足を止めて手帳に法語を書き記している方がいらっしゃいます。ありがたいことです。数年前から、それらのことばを集め、一冊の本にまとめました。4冊を数えます。






真言宗 諷誦文 文例集

  ノンブル社      発行年月 2012年5月22日

諷誦文(ふじゅもん)とは、ご葬儀や法事の時、読み上げる文のことです。どうも先々代の住職が持っていた葛籠の中に、経典類と共に、この原本があったとのこと。現在、葛籠ごと行方知れずです。諷誦文の文例集は、少ないので有益なものだと思います。

弘法大師が出会った人々

  山喜房佛書林   発行年月 2001年6月25日

「川崎大師だより」に連載した原稿をまとめたもの。『弘法大師の教えと生涯』を縦糸とすると、『弘法大師が出会った人々』を横糸とし、弘法大師伝に厚みをもたらそうという構想のようです。同様の考えで『弘法大師の手紙』という本も出しました。



新・弘法大師の教えと生涯

  ノンブル社    発行年月 2009年6月19日

「高尾山報」に長年連載した原稿をまとめたもの。長老が初めて出版した本ですので、とりわけ思い入れの強いものだと思います。誕生から山林修行時代、中国での留学時代、帰朝後の活躍、最澄との交流から高野山で没するまでを、ちょっとハイテンションな文章でつづります。

詳解 空海と真言宗

  学習研究社    発行年月  2009年12月9日

これまた、弘法大師の教えや生涯を記した入門書です。難解な御大師様の教えを何とか一般の方々にお伝えしたいというのが、長老のテーマだそうですので、この様な企画が持ち込まれれば、お引き受けしていました。

真言宗小辞典

  法蔵館; 新装版  発行年月  2000年5月

真言宗を理解するのに必要な言葉・経典・書物、歴史的に重要な人物等を解説しています。また、法会、行事等仏教一般に共通する基本的な項目も収録しています。