成就院の沿革

寺院には山号・寺号・院号という3つの名前があります。 
 成就院(じょうじゅいん)は、正式には「摩尼山  宝光寺  成就院」といいます。「摩尼」(まに)とは、サンスクリット語で「宝」の意味。成就院は、「宝物が光を放ち、そして願い事がかなう」という、たいへん功徳のある名前を持ったお寺です。ぜひ多くの方にお参りいただきたく存じます。
 残念ながら、成就院の縁起を記す文書は伝えられていません。江戸時代後期の文政年間に幕府に提出した、「取調箇條書」(『文政寺社書上』所収)が古を偲ぶ最古の資料です。
  成就院は、慶長十六(1611)年、開山鏡傳法印(きょうでんほういん)が神田北寺町に寺地を与えられ開かれました。その後、三代将軍家光の時代の慶安元(1648)年、江戸の町の膨張に伴う都市計画が実施されたため、現在地へと移転し、今日に至ります。 
 移転した下谷は、江戸の町外れで、周りは田んぼばかりであったため、「田中の成就院」と呼ばれていたといいます。また、当時は堀が近くにあり、藁の集積地であったとか。「わらだなの成就院」とも言われていたそうです。近くに今でも「どぶだな」とよばれるお寺もあります。家を造るのには、藁と土とが必要だったのです。『御府内寺社備考』所収の境内図には、地蔵堂、稲荷社、宝篋印塔(ほうきょういんとう)が記されています。
その後の記録は、あまり残っていません。
 安政の大地震や関東大震災などの火災で堂宇を消失したこと、廃仏毀釈の波を受け寺が衰微してしまったことが伝えられます。関東大震災後、境内地が大きく削られてしまいましたが、その時建立された堂宇が今日に伝えられています。