やすらぎ修行会

第七十五回「やすらぎ修行会」プチ法話 2017/7/21

 愛犬モモと散歩していたときのこと。犬連れのおばさんから、「あら、雑種なのにかわいいわね。どこかでもらってきたんでしょ。お金がかからなくて良かったわね」と言われ、超イラッときました。
 
 そもそも犬の純血種とは何なのか。『日本犬の誕生』(勉誠出版)を読んでみました。

 洋犬の純血種とは、優れた資質を際だたせようと犬を選別し繁殖させて作出されたもの。「ダックスフンド」は、穴に潜り込んでアナグマを狩るため、地低く足が短い体型であり、猟犬「ポインター」は、獲物の前に立ち片足をあげるポーズである「ポインティング」をすることによってついた名前です。警察犬や盲導犬として活躍するドーベルマンは、税金徴収を仕事としていたドーベルマン氏が警護のための犬種を生み出したため名付けられたとのこと。
 日本犬の純血種とは、明治になり犬種の交配が進む中、はるか古より「日本人」によって飼育されてきた「日本犬」がいるに違いないと考えられ、性質が「勇敢」で「忍耐強く」、純潔であると思われる犬を山間部の猟犬の中に探し歩き、そうして「日本犬」が見出されました。改良を重ねることで作出された洋犬に対し、日本犬は「雑種」を引き算することにより作り出されたのです。
 
  純血種の犬が高級で有能で壮健であるという物語は、社会が共有することで「価値」となりました。でも、それぞれの犬が交換不可能な固有の存在として「いま/ここ」にある。それが貴いこと。モモは、「ブランドもの」ではなく「ブレンドもの」です。モモは「モモ」という犬種です。
 



やすらぎ修行会とは

私たちが当然の如く享受してきた、物質的に恵まれた暮らしは、さまざまな「無理」 の上にかろうじて成り立っていたものであることが、この度の大震災や原発事故によってあらわになりました。困難な状況を迎えた現在、生活への不安、自らの生命への不安が強く強く意識されるようになりました。そのような「不安」な時代、成就院が少しでも檀家の皆様、地域の皆様のこころのやすらぎに少しでもお役に立てるよう、「やすらぎ修行会」を開くことといたしました。成就院をご縁として多くの方々がつながり、お互いに元気を与えあい、少しでもホッとして頂けたらと思います。多くの方々のご参加をお待ちいたしております。
■日時:毎月21日(御大師さまの御縁日)18:30~19:30
■服装:普段着でかまいません
■会費:300円  *子供は無料です。
 *会費は、義捐金として寄付します。
■内容:プチ法話(5分)  光明真言(30分)
 以後、皆でおかゆをいただき歓談致しましょう。
■連絡先:参加ご希望の方は前日までに電話(03-3831-2534) で ご連絡を頂きたく存じます。
 *椅子もご用意いたします。正座でなくともかまいません。楽な姿勢でお唱え下さい。

やすらぎ修行会「プチ法話」のバックナンバーはこちらから↓
上野 成就院 やすらぎ修行会「プチ法話」 http://blog.goo.ne.jp/puchihouwa