やすらぎ修行会

第七十八回「やすらぎ修行会」プチ法話 2017/10/21

 納戸の大掃除を行いました。いろいろな物が「発見」されましたが、「電気火鉢」なるものには驚かされました。ワックスがかけられている木の箱には、ニクロム線がぐるぐる廻らされた電熱器が入っています。炭をおこして火鉢にくべるよりずっと簡単ですが、はたしてどれほど使われたのでしょうか。
 
 さらには、こたつ、電気ストーブ、ガスストーブ、オイルストーブ、ホットカーペット、ガスファンヒーターなどなど、暖房器具の発達の歴史を、家に居ながらしてたどることができました。
 
資本主義とは人々の欲望をかき立て商品を購入させるというシステムです。より便利にと新たな機能を開発し、よりモダンなデザインへと洗練させていく。さらに商品の斬新かつ高級なイメージをテレビに乗せて流布させる。

 これらの器具は高度成長期につぎつぎと購入された物です。納戸とは、より便利でモダンな物を手に入れたいと肥大化していった欲望がモノの形をなして蔵され、日常生活とは切り離され封印されている場所なのです。納戸にしまわれているのは、なにも暖房器具だけではありません。
  
不要な物を廃棄するのは「もったいない」ことではありません。使えるにもかかわらず新たな物を買い重ねるのが「もったいない」。きっと、かすかに感じている後ろめたさが、捨てずに取っておくことをうながすのでしょう。いま何が必要なのか、いま本当に買うべきなのか。衝動的に湧き起こる欲望を感じたら、一呼吸置きたいですね。


 

やすらぎ修行会とは

私たちが当然の如く享受してきた、物質的に恵まれた暮らしは、さまざまな「無理」 の上にかろうじて成り立っていたものであることが、この度の大震災や原発事故によってあらわになりました。困難な状況を迎えた現在、生活への不安、自らの生命への不安が強く強く意識されるようになりました。そのような「不安」な時代、成就院が少しでも檀家の皆様、地域の皆様のこころのやすらぎに少しでもお役に立てるよう、「やすらぎ修行会」を開くことといたしました。成就院をご縁として多くの方々がつながり、お互いに元気を与えあい、少しでもホッとして頂けたらと思います。多くの方々のご参加をお待ちいたしております。
■日時:毎月21日(御大師さまの御縁日)18:30~19:30
■服装:普段着でかまいません
■会費:300円  *子供は無料です。
 *会費は、義捐金として寄付します。
■内容:プチ法話(5分)  光明真言(30分)
 以後、皆でおかゆをいただき歓談致しましょう。
■連絡先:参加ご希望の方は前日までに電話(03-3831-2534) で ご連絡を頂きたく存じます。
 *椅子もご用意いたします。正座でなくともかまいません。楽な姿勢でお唱え下さい。

やすらぎ修行会「プチ法話」のバックナンバーはこちらから↓
上野 成就院 やすらぎ修行会「プチ法話」 http://blog.goo.ne.jp/puchihouwa